先輩の声

園で活躍する先輩にインタビュー。
入職のきっかけや、保育のお仕事への想いなどをご紹介します。

先輩A
1984年入職

子育てしながら仕事を続けることが出来ました

長く勤めることができたのは、賃金や休暇等が手厚く保障されているからです。結婚後、育児休業を利用し2人の子どもを育てました。子育てしながら仕事を続けることが出来、我が子と向き合うことで、教育・保育の大切さを改めて感じることが出来ました。

先輩B
2018年入職

卒園した園で保育ができて嬉しいです

浄法たから保育園(当時)で幼児期を過ごし、現在は当園で保育教諭として働いています。当時と変わらない自然豊かな環境の中、のびのびと過ごす子ども達を見て懐かしさを感じたり、卒園した園で保育ができる嬉しさを味わいながら楽しく過ごしています。

先輩C
2017年入職

先生方や子ども達と一緒に日々成長していきたいです

今の私の楽しみは、その日あった子どもたちのおもしろエピソードをたくさんの先生方と語り合うことです。クラスの枠を越え、保育の悩みだけでなく子ども達の姿を共有できる事が私のリフレッシュにつながっています。
中堅的な立場になってきました。先生方や子ども達と一緒に日々成長していきたいです。

先輩D
2021年入職

こんなあたたかい雰囲気の中で働きたいと思い、決めました

自主実習に行った時に、広い園庭が印象的でした。
子ども達が走り回ったり、草花や虫に触れたりできる環境に魅力を感じまし。また、お集まりでは、先生が季節の曲を子どもたちのリクエストに応え、一緒に楽しんでいる姿を見てこんなあたたかい雰囲気の中で働きたいと思い、決めました。

ページの先頭へ