園のご紹介
すくすく育て!たからっ子
保育理念

仏教の教えを基に、豊かな宗教的環境の中で、日々成長している子ども一人ひとりが、 現在を最も良く生き、そのいのちの躍動で未来を創りだす力の基礎を培う。  

望ましい子ども像
こころも、からだも、強い子ども ありがとうの言える子ども
お話をよく聞く子ども 仲良くする子ども

児童福祉法の精神にのっとり、保護者と連携しながら、集団生活の中で一人ひとりの子どもを大切にし、 適切な環境をつくり、心身ともに健全な人間性の基礎を養います。

保育理念
園長挨拶
育ちあう保育を目指して

 子どもたちにとって家庭から離れ、はじめての社会との繋がりをもつ場所である保育園。保育士やお友達と一緒に、遊びをはじめとした多くの体験を通して様々なものを吸収しています。そして子どもたちだけではなく、園生活で関わっていく我々保育者にとっても日常が子どもたちからの学びの連続です。

 当園は、仏教の教えを根幹とした保育園です。その教えの中には「サンガ」という言葉があります。 ともに仏さまの教えの中にある仲間という意味です。この言葉は、保護者であっても、子どもであっても、そして親であっても、全ては互いの支えの中で生かされるかけがえのない「いのち」であり、お互いがお互いの「たから」であることを教えてくださっています。

当園では、人と人との関わりの中で、相手の違いに気づき、お互いの存在を認めていけることを「自立」とうけとめています。家庭と園との協力のなかそういった「自立支援」を目指しています。

浄法たから保育園 園長  藤川顕彰
給食について

生活の中心をなす食生活は、子どもの心身の成長発達、健康の保持・増進はもとより、いのちの大切さや感謝のこころを育てるうえでも 重要な位置づけをもってとらえ、保育・食育活動の中において給食を実施しています。 (アレルギー等がある方はアレルギー食で対応しますので、必ず病院の診断書を提出して下さい。)

3歳以上児は昼食と3時のおやつの給食です。 お米代を負担いただき完全給食を実施しています。

3歳未満児は完全給食です。おやつは10時と3時です。 乳児は発達に応じてミルク・離乳食を準備します。

園の概要
  • 代表者 理事長:藤川法親  園長:藤川顕彰
  • 創立 昭和53年6月1日  開設 平成19年3月     移転改築
  • 職員 30名
  • 開園時間 平日   7:00〜18:00/18:00〜19:00(延長保育) 土曜日  7:00〜18:00 休園日  日曜日、祝日、年末年始
  • 延長保育 上記開園時間帯内であっても、利用時間を超えた部分は、延長保育として扱う。 ※有料(詳しくはこちら)
  • 事業内容 保育園、乳児保育、延長保育、一時預かり、障害児保育、児童育成クラブ
  • 定員 140名  3号定員 55名/2号定員 85名
  • 対象児童 生後3ヶ月~小学校就学前の児童
  • 給食 完全給食/各保育室には炊き立てのご飯が提供されます。 (3歳児以上は、主食費を別途請求)
ページの先頭へ